2008年07月10日

FX用語集 か行 わかりやすく^^

前回「あ行」をやりましたが 今回は続きの「か行」を書いていきます


FX用語説明 か行(この用語説明はFX取引目線で見た説明です。わかりやすく書くために多少の意味合いのずれはあるかもしれません・・・)



介入 【かいにゅう】

国の政府などが相場変動を目的として為替売買を行うこと

介入とは、市場の安定や経済の混乱を避けるために、
政府や中央銀行が為替取引を行うことを言います。

一国の政府が単独で介入する「単独介入」や、
複数の国が協調して介入する「協調介入」、
自国の市場がしまっている時間帯に介入が必要となり、市場が開いている国に委託する「委託介入」などがあります。

また、実際に売買は行わず、要人などが相場を動かす目的で発言することを「口先介入」と言います。



カントリーリスク 【かんとりーりすく】

国の抱えている政治・経済的なリスク

海外投資を行う際、その対象国の政治、経済、社会的なリスクのことをカントリーリスクと言います。
FXでわかりやすく言うと、例えば、国の政策の変更や災害などで為替取引ができなくなってしまうことなど
戦争に巻き込まれやすい国のリスク、原油の影響力が大きい国のリスク、
インフレ、デフレになっている国などのリスクも全て含まれると思います。

最近は、南アフリカのランドやアイスランドのクローナ、トルコのリラ、ブラジルのレアルなど
こういった国々はどこも政策金利が10%以上あり、高金利通貨として人気がありますが、
金利が高いことにはそれなりの理由もありますので 
しっかりとカントリーリスクも確認した上で取引しましょう^^



キーカレンシー(基軸通貨) 【きーかれんしー(基軸通貨)】

今現在はUSドルです。

基軸通貨とは国際取引の中心となる通貨をさします。
現在のUSドルに変わる前はイギリスポンドがその役割を果たしていました。

基軸通貨になる条件は、通貨の安定、金融市場の発達などがあり、
いずれ、ユーロに移行するのでは? とも言われています。

ようするに基軸通貨は通貨の中心となっているため、全ての通貨に多大な影響を与えます。
なので、EUR/USDやUSD/JPYを取引している人だけじゃなくて
GBP/JPYやEUR/CHFを取引している人もみんな アメリカのニュースや発表を意識しておかないといけないってことですよー^^



キャリートレード 【きゃりーとれーど】

低金利通貨を借りてきて高利回りのもので運用する手法

ここ近年、円キャリートレードという言葉が頻繁に出回ってますね
日本の政策金利は1995年には今と同じ0.5%となり、13年後の今に至るまで
ずっと0に近い金利水準で推移しています。

実際の円キャリートレードを例にしてみますと、上のカントリーリスクで書いた
高金利通貨国の1つ、アイスランドは 2008年7月現在 政策金利が15.5%
一方の日本は政策金利が0.5%  2カ国の金利差は15%です。

ということは、例えば日本の円を1億円借りてきて円をクローナに替える
単純にクローナ/円のレートが同じままだとしたら
1年間放置しておくだけで残高が1億1500万円になってしまいます・・・

これはキャリートレードがはやるわけですね^^
しかも2007年の頭まで対円の通貨はほとんど全て上昇していました。

話を戻しますが キャリートレードとは金利の低い通貨を借りて
高利回りのもので運用することですね^^

いろんなキャリートレードの説明文を読んでみますと
低金利通貨を借りて高金利通貨に投資って書いてありますので
通貨だけを指すものなのかもしれないですが・・・



逆張り 【ぎゃくばり】

相場の流れと逆方向に取引すること

相場取引には順張り(トレンドフォロー)と逆張り(カウンタートレード)という2つの取引手法があります。

そのうち、逆張りとは日本人が最も好む手法で、
大きく下げたら そろそろ底値だろうと予想し 買いを入れることや
大きく上げたら そろそろ天井だろうと予想し 売りを入れることが逆張りの代表でしょう^^

FXで大きな損失を出してしまっている方は 
ほとんどこの逆張り手法で損切りなし という方が多いようです。

実際に投資教育がもともと発達している欧米などでは
格言として「the trend is your friend.」というものがあります。
トレンドは友達と・・・



機関投資家 【きかんとうしか】

個人ではなく、法人の投資を専門に行う企業や団体を指します

一般的に保険会社や投資信託等の金融機関がそれにあたります。

多額の資産を運用しているので 市場に与える影響も大きいです。




クロスレート 【くろすれーと】

対ドル以外の通貨レート

USD/JPYやAUD/USDなど、対ドルの通貨をドルストレートと言います。
クロスレートは基本的にドルストレート以外の通貨を指します

例えば、AUD/JPYというレートは本来、提示されておらず、
これはAUD/USDとUSD/JPYの掛け算で算出されます。

(例)AUD/USD=0.95  USD/JPY=110円 の時 
0.95×110=104円50銭 というレートが出てきます。
対ドル以外の取引通貨をクロスレートと言い 基本的にこのようにレートが算出されています。






↓↓お役に立ちましたら↓↓ポチポチっと押しておいてください^^↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へにほんブログ村 為替ブログへbanner_02.giff_03.gif


2008年06月26日

FX用語をわかりやすく・・・ あ行から

ちょっと FXの用語説明のカテゴリを作りたいと思い・・・
今日から少しずつ書いていきますね^^
まず「あ行」から

FX用語説明(この用語説明はFX取引目線で見た説明です。わかりやすく書くために多少の意味合いのずれはあるかもしれません・・・)



ECB 【いーしーびー】
・ 欧州中央銀行(European Central Bank)

ユーロ圏の中央銀行

ヨーロピアン・セントラル・バンクの略で、
1998年 新たにユーロ圏の中央銀行として設立されました。
2008年現在、トリシェ総裁が、ECBの総裁を務めています。
主な業務は、ユーロ圏の物価の安定等を図るため、金融政策を行ってます。
日本でいうと日本銀行(日銀)にあたります。



インターバンク市場 【いんたーばんくしじょう】
・ 世界銀行間市場(Interbank markets)

為替取引の市場

金融機関どおしが為替取引を行う市場で、一般的に外国為替市場というのは、このインターバンク市場をさします。
外国為替市場という場所は実際には存在しておらず、金融機関が電話やインターネットで取引をしていること全体をさしてインターバンク市場といいます。

インターバンク市場は、一般の企業や個人が参加することはできず、例えば、FX取引などを行っている私たちは、このインターバンク市場に参加している金融機関を通して、間接的な市場参加となります。

また、株式市場等とは違い、通貨は世界市場全体で扱っているため、24時間取引が可能となります。

取引時間帯についてはこちらを参照してください^^
       ↓↓↓
http://kachisyo.seesaa.net/category/5342175-1.html



FRB 【えふあーるびー】
・ 米連邦準備制度理事会(Federal Reserve Board )

アメリカの中央銀行

フェデラル・リザーブ・ボードの略で、ECBと同様、アメリカの中央銀行にあたります。
正確には理事会ですので銀行ではないのですが、中央銀行という認識でいいと思います
他、中銀と同じで、国の金融政策を行ってます



FOMC 【えふおーえむしー】
・ 米国連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee)

アメリカの金融政策を決める会合

フェデラル・オープン・マーケット・コミッティの略で、
米国の政策金利を始め、公開市場操作の基本方針や外国為替市場への介入についての方針を決定する会合です。
ようするにFRBが中央銀行で、金融政策を行う会合の名前がFOMCです^^



オーバーシュート 【おーばーしゅーと】
・ オーバーシュート(Overshoot)

相場が一方向にいっきに動くこと

為替相場が、予想を超えて極端に行き過ぎた展開を見せること。
ストップや指値も巻き込んで大きく抜けていきます。
この場合、大きく戻してしまうことが多いので注意が必要です。

相場は順張りが基本ですが、行き過ぎてるときは要注意ですね^^

こんな感じ^^↓↓↓
オーバーシュート.jpg



押し目買い 【おしめがい】

トレンドが上昇の時でも、何度も細かい上下動を繰り返しながら上がっていきます。
この一時的に下がった場所で買うことを押し目買いといいます。

またその逆は戻り売りです。
下の画像で左側が押し目、右側が戻りになります。

押し目.jpg



オプション 【おぷしょん】

一定期間内にこのレートまできたら買う、もしくは売る、という権利のこと
例えば、「ドル/円は112円に大量に売りのオプションが入っている」等・・・
ようするにそこに大きな壁があるってことですね
指値やリミット、ストップみたいなものです^^



↓↓お役に立ちましたら↓↓ポチポチっと押しておいてください^^↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へにほんブログ村 為替ブログへbanner_02.giff_03.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。