2008年07月08日

ギャン28の理論をわかりやすく説明してみました^^

もうご存知の方も多いと思いますが、
実際に読んではみたけど よく意味がわからない という人もいると思います。
今回はギャン理論について 私の目線で書いてみたいと思います。

まずギャンとは・・・ もちろん人の名前です・・・


本名:ウィリアム・デルバート・ギャン
1878年生まれのトレーダーです。

生涯儲けた金額は日本円の現在価値で約5000億円以上でしょうか・・・

ギャンも最初は相場で大きく負けたようです・・・

その後、プロディーラーになり 現場で学んだことは
知識がない人や研究をしていない人の10人中9人は負けて 相場をやめてしまうそうです・・・

これだけ誰でも、相場の世界に簡単に参入できる現在では もっともっと多そうな気がしますが・・・

それでは実際にギャンが作った 相場の取引ルールを見てみましょう。
(わかりやすい言葉でFX用に変えました^^;)



1. 総資金を10等分し、1回の取引における損失を10分の1以下にする。

100万円持っていたら、1回の取引で出していい損失は10万円までってことです。
私の場合は5%までだと思ってますけど・・・^^;




2. いかなる場合も 取引をする時は必ずストップロスオーダーを設定する。

当然ですね^^  極論ですが、ありえないような場所であったとしても
必ずストップを入れるくせをつけてしまうといいですよー
もしも一気に逆方向に動いてしまった時にストップは命綱になります^^




3. 過剰な取引をしない。資金配分を守らないことはルール違反

これも当然ですね^^  ルール27でも出てきますが、
トレードを始めて間もない人に多いのが 負けたら取り戻そうとして
倍の取引量にしたりする人がいますが、 一瞬にして全資産失って終わりですね^^;




4. 儲けを損失に変えない。ストップロスオーダーを引き上げる。

これはすごくいいルールですね 
ストップって 最初は損切りの設定だと思ってる人が多いですが
ストップの定義って 「マイナスで決済」じゃなくって「現在レートよりマイナス」
が定義です。  例えば ドル/円を105.10で買って、その後 上昇して105.50まで
上がった この時にストップの入れれる範囲は105.49以下です。
(業者によっては最低でも数銭下以上じゃないと入らない場合もあります)
ですので この場合だと 例えば105.30にストップを設定したら 
ストップなのに20銭プラス決済ですよね?

この4番目のルールは持っているポジションがプラスになっていったら
ストップロスをどんどんプラス方向に変えていくってことですね^^

以下説明図・・・(わかりづらいですが・・・^^;)
※損益は1万通貨単位で書いてあります。

g1.jpg

まず上のチャートで一番左の114.40で買いました。
その時点で30銭下の114.10にストップ(青い丸)を入れました。

g2.jpg

その後、114.90まで上昇したのでストップを114.40まで引き上げました。
この時点で下がって来てもプラスマイナス0が確定しました。

g3.jpg

その後、さらに上昇して115.20まで上がったので
ストップを114.80まで上げました
この時点で下がって来てもプラス40銭が確定。

g4.jpg

結局下がってきて114.80でストップ約定。

g5.jpg

その後を見てみると下がってきて もしストップを変えていなければ最初のストップ
マイナス3万円で決済されていましたね。

このストップの移動をうまく使いこなせば10円以上利益を出すことも可能ですよねー^^





5. トレンドには逆らわない。 トレンドがわからない時は取引しない。

前にも書きましたが、日本人は非常に逆張りトレーダーが多いようです。(9割以上・・・)
すでに痛い思いをしている人はたくさんいると思いますが・・・(私も何度か・・・)
相場は順張りが一番です!!

順張り(相場が上がっている時は買い、 下がっている時は売る)
逆張り(上がってきたら、もうこの辺が天井じゃないかと勝手に予想して売る。。。
下がってきたら、そろそろ底だろうと勝手に予想して買う。。。^^;)

ほとんどのトレーダーが 相当痛い目を見るまで 逆張りをし続けるそうですよ・・・




6. 迷った時は決済。ポジションは持たない。

「迷った時にポジションは持たない」のは絶対条件だと思います。
ポジション病の人は気をつけてください・・・

決済に関してはルール10を読んでください^^

まーようするに迷いがあるときは取引をしないで相場から離れた方がいいってことでしょう^^




7. 活発な銘柄を取引する。 動きの弱い市場では取引しない。

メジャー通貨の方がよりトレンドもはっきりしやすいです。
例えばAUD/NZDやCAD/CHFよりもUSD/JPYやEUR/USDの方が確実に取引量が多いですよね^^




8. リスクを分散させる 2〜3銘柄の取引をする。

FXでたとえるなら 2〜3通貨ってことなんでしょうけど、私の理想は最大でも
2通貨ぐらいまでがいいと思ってます。

理由:3種類も4種類も一度に取引をして
はたして、全種類のチャートを短期、中期、長期、全て見ながら
ファンダメンタルズも確認して取引できます?

「いやいや 状況によってはそこまでしなくてもいいでしょ」
などと言われる人もいるかもしれませんが、 私はお金を使って取引をする以上は 
手抜きは絶対にダメだと思っています。

相場で取引をする時は常に謙虚であるべきだと・・・

ちょっと話が脱線しました^^;
ようするに大切なことはリスクを分散させる、一極集中にしないということです。

たとえば300万円の資産を取引する場合、150万円ずつ取引業者をわける
などというのもリスク分散です^^




9. 指値を使わない。常に成り行きで注文する。

これも絶対に!というのは難しいですね^^;
臨機応変でいいと思いますよー^^(普段ピボットを書いてる私にはありえないです・・・)




10. しっかりした理由がないのに決済をしない。利益を守るときはストップロスオーダーを使う。

相当経験があって確立してる人や機械的な人以外は基本的に
ポジションを取ったら 冷静な分析ができなくなると私は思ってます。
実際 私もすぐに、「そろそろ下がるんじゃないか」とびびってしまいますし・・・^^;

そして、相場取引は利大損小(小さく負けて大きく勝つ)をめざすべきだと思います。 
利小損大の人はキモに・・・(私も・・・)

なので決済する時は、ちゃんと自分の決めたルールに達したら決済をするべきです^^




11. 利益が出た時はしっかりと別管理をする。

ようするに複利運用はしない方がいいってことですねー^^

例えば100万円の元本で運用して 130万円まで増えたとします。
そしたら30万円は抜いてしまって また100万円で運用するってことですね。
別管理しているお金は  危なくなった時なんかに補填する用などで^^




12. 配当金等の小さい利益を求めての取引はしない。

FXで言うならスワップ金利狙いやスキャルピング取引をさしますね^^
これも臨機応変でいいと思います。
ただ 明日はスワップが3倍デーだから とかそんな理由で取引するのは絶対危ないと思います。




13. ナンピンはしない! ナンピンはトレーダーの最大の失敗である。

ナンピンっていうのは難平って書いてなんぴんって読みます。
意味は保有ポジションのレートを平均化してしまうことなんですけど、わかりやすく言うと・・・ 

例えば、USD/JPYを買いました。ところが少し下がってきました。
もうここが底だろうと思って もう1つUSD/JPYを買いました。
これがナンピンです。

ひとつの通貨を同じ方向に2つ以上持つことがナンピンですねー
2つ目を買いたいなら 1つ目を損切ってからにしてください・・・




14. 我慢できないという理由で相場から逃げない。売買をしない。
 
ムダな取引はしないのが理想です。 昨日も今日も取引してないから そろそろ
1回ぐらい取引しないと・・・ などというくだらない感情で取引を絶対にしてはダメです。
明日も明後日もそのまま1ヶ月間たってしまっても 損益はプラスマイナス0です。

心当たりありますよね? なんであの時 あんな単純にポジション持っちゃったんだろぅ・・・とか
私も痛いほどあります・・・^^;

もし そんなの1回もないよ って人がいましたら、たぶんその人は
相場歴1ヶ月以内の人だと思います・・・www
経験ある人や プロでやってる人は 絶対にこれを乗り越えてきています^^




15. 小さな儲けと大きな損失は避ける。

利小損大は一番いけないことだけど ほとんどの人がこれに陥っているのではないでしょうか・・・^^;

+50銭 +50銭・・・ってずっと50銭プラスで9連勝したとして
一回のストップが5円に設定されていて一度負けたら 結果マイナス50銭ですよね^^

損は小さく切って 利益を伸ばすのが理想です ムズカシイですけど・・・

よくありますよね あのまま置いておけば10円プラスだった とか・・・
だから利食いで悩んでる人は一度、ストップの移動に変えてみるといいですよー^^




16. 注文と同時にストップロスオーダーを設定する そしてそれを絶対にキャンセルしない

当然ですね^^ ストップをプラス方向に移動させる分にはいいと思うんですけど
マイナス方向に移動させる時って 大体 自分のストップにレートが近づいてきて 
その変で一回揉み合っていて
「あっ そろそろこの辺で折り返しそう」とかって都合のいい考えが浮上してくる時や
いろんなブログやプロのサイトとかを見ていて 「そろそろ折り返しそうです」とか
「この辺にサポートラインがあります」とかって都合のいい情報の方だけを意識している時がほとんどです。
(もちろん私も・・・^^;)

ストップロスオーダーを入れない取引は 命綱をつけないでロッククライミングをするのと同じです・・・
命綱はつけましょう^^




17. 頻繁に売買しない。

これも 上記のルールにつながってきますね^^
ポジション病の人は気をつけてください! 




18. 買いだけの取引ではなく 積極的に売りもするべき。

これもさっきの順張りのことと同じですが、完全に下降トレンドになっている時に 
一生懸命に買い場探しをしたらダメってことでしょう^^
相場取引は順張りが基本です。 
大きなトレンドで上げてる時は買う!大きなトレンドで下げてる時は売る!^^




19. 安いというだけで買わない。高いというだけで売らない。

これはオシレータ指標だけを見て取引するのと同じですね・・・
絶対にやってはいけない取引のひとつだと思います。
いわゆる値ごろ感ってやつです。 何度も言ってますが、相場は順張りが基本です!




20. ピラミッティングのタイミングには注意すること
ブレイクするのを待ってから行う。


ピラミッティングとは買い増しや売り増しのことを指します。
ただし、ナンピンとは反対で 保有ポジションがプラスになっている場合のことです。

例えば105円でドル/円を買って、その後107円まで上がった この時点で2円プラスですよね
でもまだ上に上がりそうなので さらにもう1つドル円を買い増した。
これがピラミッティングです。

これはナンピン同様、非常にリスクもある取引です。 なのでより慎重に行う必要があります。
買いの場合はちゃんと上のライン(壁)を 売りの場合は下のライン(壁)をしっかり抜けたことを確認した上で行ってください^^

そして利益は損失に変えないように・・・^^;




21. 買い増しは上昇トレンドの強いものを 売り増しは下降トレンドの強いもののみ行うこと。

買い増し、売り増し・・・ 今、説明したピラミッティングのことですね。
これは よりトレンドが強く出ている時のみに行っていいと言う事ですね・・・




22. 損失を防ぐために 同種類の銘柄を反対売買(ヘッジ取引)をしてはいけない。

まずい!一旦、ここでおさえておこうなどと思った時にこういう行為は行われます。
ですが、そもそもヘッジを行う時点で 自分自身も反対に行く可能性を完全に認めているわけで
「だったら損切れよ・・・」という話ですね・・・^^;
相場取引は精神修行ですねー・・・




23. 明確な理由がないのにポジションを変えない。

相場取引を行う前に 自分のルールをしっかり決めておくことが大切です。
これも何度も出てきてることですが、 必ずルールに従って取引をすることが大切です。

ちょっと戻したからって びびって切ってたら ずっと利小損大から逃れられません!




24. 十分に利益を確保した後は 頻繁に売買することや取引量を増やすことは避ける。

だいたい取引がうまくいったあとって 「なんか今、すごい勝てる気がする」とか
「俺、すげぇな〜 プロじゃん」とかって思っちゃったりします・・・(過去に何度も経験済みです・・・^^;)
こんな時こそ冷静になって 慎重な取引が必要です。

相場がそんなにあたり続ける人はいません!!
そんなに勝てる人がたくさんいたら 世の中みんなビルゲ○ツよりお金持ちです^^

勝っていれば必ず負けが来ます。 相場は常に謙虚に!!




25. 相場の天底を勝手な憶測で判断しないこと 明確なルールに従って取引を行うこと。

相場の格言で「タイヤキの頭とシッポはマーケットにくれてやれ」なんていうのがありますが
まさにその通りですね^^
究極の天と底で取引をしようとしてる人はほとんど負け組みの人だと思います!
相場は常に謙虚に!!(くどい!!^^)




26. 自分よりも相場を知らない人の助言は聞いてはならない。

ようするに安易に人の意見に流されて売買してはいけないってことですね^^
もちろん サイトやブログ(ここ)も含めて 人の言っていることは あくまでもその人の予想です。
最終判断は自分自身で行ってください。 

前に某超有名トップディラーとお話をしていた時に 彼がこんなことを言ってました。

「私は仕事だから いつもこんな予想を立ててますが、実際には絶対にこんなことしたくないんです。
だって相場が上がるか下がるかなんて 誰もわかるわけがない! でも仕方ないんです^^」って・・・ 
その通りですね。 

ただ 知識がない、勉強をしていない人よりは 確実に勉強している人の方が相場があたる確立は高くなっていくと思います^^




27. 損失が出たあとは取引量を縮めよ 絶対に増やしてはならない!

これも相当ありがちなパターンですねー^^
ドル/円を1枚で取引して 2円のマイナス(マイナス2万円)の損失が出た
うーん どうしよう・・・ でもさすがにここは上がるだろう・・・
ここで2枚買えば今度は1円のプラスで損失がチャラにできる・・・

などと思っちゃいますねー^^  これが泥沼の入り口です!!!

そもそも損失が出た時点で 相場を読み違えてるわけです。
そんな状態で冷静な分析ができているわけがないですねー^^
そんな時は取引量を縮めて取引をするのが一番ですよ




28. 間違えてポジションを入れることや 間違えて手仕舞うことを避ける。

しっかりとしたルールに基づいて取引を行うということです^^





以上がギャン28のルールでした^^
全部読まれた方は 長いことお疲れ様でした・・・w

これを全部したがって取引をしなければいけないというわけではありません。

ただ相場の世界を散々見てきたギャン氏が自分の経験をもとにつくりだしたルールですので
かなり参考になると思いますよー^^




※私のニュアンスで説明文を書いてありますので
正確なもの、安全性等を保証するものではありません。

また間違いありましたら ぜひご指摘ください^^
よろしくお願いします。



それではいつもどおり・・・
↓↓お役に立ちましたら↓↓ポチポチっと押しておいてください^^↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へにほんブログ村 為替ブログへbanner_02.giff_03.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。