2008年06月19日

FX 取引時間分析

こんにちは^^

今日は皆さんが気になるであろう 相場が動く取引時間を分析してみたいと思います。

まず、下にある画像 これは為替市場の取引時間の流れを記した表で、

その下の画像が取引時間の流れを記した世界地図です。
(小さい画像はすべてクリックしてください。 拡大されます。)


jika.bmp


world.jpg

為替取引は、インターバンクと言われる短期金融市場で取引が行われています。

インターバンク市場は個人取引は行っておらず、銀行や一部の証券等 金融機関しか取引ができません。
基本は100万ドル単位からの取引になります。

上の地図で一番下にあるウェリントン市場(ニュージーランド)が為替取引のスタート時間になります。
時間帯はすべて日本時間で書いてありますので 日本時間の朝6時にウェリントン市場が始まります。

その後シドニーが開き、東京、香港、ヨーロッパ、アメリカへと流れていきます。

為替の三大市場は東京、ロンドン、ニューヨークの市場ですが、
ではこの3つの市場ではどこが一番取引量が多いのでしょうか?


答えは 
3番目が東京市場で 少し前のデータになりますが 1日約2000億ドル(ドル/円が約60% ユーロ/ドルが約11.7%)

2番目がニューヨーク市場で 1日約4600億ドル

1番多いのがロンドン市場で 1日約7600億ドルです。

市場全体では1日の取引量が約2兆ドルと言われています。
つまり ロンドン市場だけで市場全体の約3割の取引量ということになります。


さて、それでは実際に どの時間帯が一番取引が行われてるのでしょうか

さっそくデータを見てみたいと思います。

下の図は2008年5月・・・  先月ですね・・・

の日々のチャートを1日から31日まで 曜日ごとにあらわしたものです。

555.bmp

見てますと、曜日ごとに上がりやすい、下がりやすいというくせはあまりなさそうですね^^

さて、問題なのはどの時間帯に動きやすく どの時間帯は動きにくいのかです。


では今度はさらに細かく、曜日ごとのチャートを見てみましょう。

まずは月曜日です(一番左の赤い部分は前週金曜日の0時から6時です)

mon.bmp

赤色の部分がニューヨーク時間(線は23時〜6時にしてあります)、
黄色の部分がオセアニア(オーストラリア、ニュージーランド 線は6時〜9時にしてあります)
水色の部分が東京時間(線は9時〜15時にしてあります)、
緑色の部分がロンドン時間(線は15時〜23時にしてあります)に分けてみました。


まず月曜日のスタートから癖を見てみますと、 
月曜日の朝一は 土日が休みの分の注文が一気に入り、チャートが窓を開けます

窓を開けるとは 一気に注文が入り、チャートに空間ができて 次のローソクに飛ぶことです。

昔からチャート理論では 開けたまどはかなりの確立で埋めると言われています。

実際にはどうでしょう?

まず左上のチャートの黄色い部分の一番左 しっかり窓を開けました。

その後、すぐに理論通りに窓を埋めてますね?

わかりますでしょうか? 左上のチャートでは 黄色い部分の一番左(月曜朝6時)
にまずおもいっきり下げで始まっています。(窓開け)

そのスタート直後に買いで取引していれば すぐにプラスになってますよね?

これが窓を埋めるということです。

その右のチャート、やはりスタートで窓を開けてますね

今度は先ほどとは逆で上がってスタートです。
この窓明け後 すぐに売りで取引したら 窓が埋まってやはりプラスになります。

左下チャートはスタートで窓を開けてませんね

右下のチャート これも下げで窓開けスタートです。
直後に上がってますね。

これがチャートの窓理論です^^


ではちょっと続きの火曜日〜金曜日までのチャートも見てみましょう。

tue.bmp

wed.bmp

thu.bmp

fri.bmp

まずひと目見てわかりやすいのは オセアニア時間(黄色)はほとんど 動きがないこと
欧州時間(ヨーロッパ 緑色)がダントツで動いてることですね^^

当然ですよね 世界の市場の3割の取引量があるんですから・・・

東京時間(水色)も見て見ると、始まりと終わり以外あまり動かないことがわかりますね。

その後、東京時間から欧州時間に変わる時に一気に動いていることが多いですが、
これはどっちに動くか規則制はありませんね^^

ということは東京時間でポジションを持って欧州時間に入っていくことは非常に危険であるということがいえますね^^

また欧州時間に入るとき(15時)だましはありますが、一旦 抜けた方向に比較的そのまま抜けていきやすいことも見えますね。

そして最後、ニューヨーク時間に入ると、比較的、欧州時間の反対に動いてることが多いように思えますね^^

このようにチャートには確実にいろんなパターンがあります。


皆さんも昔のチャートをひっぱりだして どんどんデータ取りしてみてください^^




にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へにほんブログ村 為替ブログへbanner_02.giff_03.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。